介護マガジン

介護の話題をもっと気さくに。もっと楽しく。

介護職で上司との人間関係のストレスを解決する方法

上司と合わない。上司むかつく!

 

今回は私の体験をもとに書いてみました。

 

どうしても上司と合わない。上司むかつく!!という方は是非読んでみてください。

 

 嫌でも同じ職場で働かなければならない以上、仲良くするのが最善策。

まず結論から言うと、ストレスを軽減するためには上司と仲良くするのが最善策です。

 

は?仲良くできないからストレスなんじゃないか!

仲良くなんてできてたら悩んでないわ!

という声が聞こえてきそうですね。。。

 

そうですよね。わかります。私もそうでした…

 

仲良くなんてできるわけない…。考え方も違うし、意見交換もできない。

指示されるのですら嫌でした。

 

しかし、毎日顔を合わせなければいけない上司に対してその気持ちを持ち続けて仕事をしていると、とても疲れました。

 

『絶対にこの人とはわかりあえない!上司なんて認めたくない!』という関わり方をして自分を曲げないようにしていたように思います。

 

ここで言う『仲良くする』というのは、決して普通の『仲良くする』とは違いますが、

 

試してみる価値はあると思いますので是非チェックしてみてください。

 

ストレスを軽減させるために、演技をしてみることにした

毎日、関わりたくない上司と顔を合わせて仕事をする中で、どうにかストレスを軽減できる方法はないものかと探していました。

 

かなり色々と考え込みましたが、なかなか良い方法が浮かびませんでした。

 

そこで1つだけ思いついたのが、もういっそのこと振り切って仲良くしてみればいいんじゃない?ということでした。

 

とはいえ心底苦手なので、ちゃんと仲良くするのは無理です。

 

そこで私は少しだけ我慢して、『仲良いフリを演じる』努力をしてみました。

 

するとどうでしょう?

 

上司は私の友好的な態度(フリ)を感じて私に対してのあたりが優しくなりました。

会話している時の変な空気みたいなのもなくなりました。

 

あなたの信念を守ることと、働きやすさを天秤にかけてみる

初めは、我慢して仲良いフリを演じること自体、どこか『負け』みたいに感じていて納得いっていなかったのですが、

 

そのフリを続けていると、納得いかないまま演技をしているという『モヤモヤ感』より、

 

対立することでのストレスが軽減されているというメリットのほうが大きく感じました。

 

心の奥底では大っ嫌いのままでOK。見下しててもOK。

試しに表面上だけにっこりしてみてください。いわゆるご機嫌取りのようなものです。


それがあなたの本意じゃなくても、納得いかなくても、それを試してみて上司が良い気分になれば、気付けば自分が過ごしやすい環境になっているかもしれません。

 

嫌い嫌い。関わりたくない話したくない、意見が合わない。

 

と呪文をかけているときには毎日毎時イライラモヤモヤしていたところが適当ににっこりご機嫌取りをしている間に、ストレスが少しずつ軽くなっていく。

 

悔しい、納得いかない部分は残るけれど、とりあえず快適に働き続けるには十分な環境じゃないでしょうか。

 

仲良いフリは、きっとずっとは続かない。その先は…

とはいえ、感情を押し殺して表面上だけで仲良くするというのは何ヶ月も何年もずっと続くものとは思えません。

 

もし、上司を引きずりおろしたい、抜かしたいと思うならば、まずは上司を良い気分にさせておき働きやすい環境を作る。

 

それと同時に水面下で着々と準備をし、会社に評価されることを進め、いつかギャフンと言わせることを目標に頑張っていくのもひとつの手なのではないでしょうか。

 

出世欲がなかったり、状況的にどうやってもその上司を追い抜ける状況でないのであれば、その上司に足りていないと思うところを自分が徹底的にこなして、

 

精神的にマウントをとってしまう(私はこの人よりもこんなに優れている)のもひとつの手なのではないでしょうか。

 

 

                       f:id:marucomex:20180626122024p:plain