介護マガジン

介護の話題をもっと気さくに。もっと楽しく。

【初DIY】ディアウォールと2×4材(ツーバイーフォー)で洗面所・おもちゃ収納と靴箱作り方

f:id:marucomex:20170518130534j:plain

安く。

好きな大きさ・好きな色にできる。

設置後に棚調節可能。

 

そんなことを全部かなえてくれたDIY!初めてでも出来ました!

 

使ったのは

↓↓↓2x4材(ツーバイフォー材)【立てる棒みたいなやつ】

塗装ツーバイフォー材8F【2本】 【長さカット無料】 ディアウォール専用2x4 

 

 ↓↓↓ディアウォール【棒を突っ張るための設置具】

若井産業 WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール ダークブラウン 

※色はブラック・ダークブラウン・ライトブラウン・ホワイトから選べます。

 

↓↓↓ダボレール【棒に棚を設置するための金属のレール】

ロイヤル ASF-1 チャンネルサポート 1200mm シングル 

 

 

先日、2LDKの賃貸から一軒家のマイホームに引っ越しました。

本当は工務店に頼んで棚やカウンターを作ってもらう予定だったんですが…。

 

予算爆発!!!

 

少しでも安く、しかも自分達の思うようにしたい!!

これはちまたで流行っているDIYに手を出すしかない、と思いチャレンジしてみました。

 

 

ダボレール×ディアウォール|好きな高さに調節可能な可動棚を作った

まず引越し時に悩んだのは大きな家具の購入でした。

特に収納関連の家具です。

 

それぞれの家具や棚の使用目的はひとつひとつ違いますよね。

 

玄関には靴箱を、子供部屋にはおもちゃ収納を。洗面所にも棚が欲しいし衣類を入れる場所も欲しい。

 

完成品の家具に収納してもいいかな?と思ったのですが融通がきかなさそう、というのが不安でした。生活していくうちに使い方が変わっていくと思ったからです。

 

そこで、棚の高さや段数を自由に変えられるものを探した結果、ツーバイフォーとダボレールのDIYの画像を発見しました。

 

洗面所の棚にはタオルや洗剤、下着を入れるボックスを入れる。

靴箱はスニーカーやパンプス、ブーツなど様々な高さの靴を収納する。

おもちゃ棚は子供の年齢によって入れ替えがおきる

 

こんなこともすべてカバーしてくれるのでピッタリでした。

ディアウォールとツーバイフォー材なら壁に穴を開けずに棚が作れる

引っ越したばかりの家の壁に、穴をブスブス開けることに抵抗があったので、なんとか最小限に抑えられないものかと頭を抱えていました。

 

『ディアウォールなら壁に穴を開けない』という情報を入手し、もうまさにこれしかない!と飛び付きました。

 

天井の高さが同じならどこにでも付け替え可能ですし、必要なくなったら取ってしまえばきれいさっぱりというわけです。

 

失敗も恐れずにできるので、初心者にもピッタリのDIYと言えるでしょう。

ディアウォールとダボレールで棚を作るのに必要な材料。工具・道具は?

必要な材料や道具をまとめておきます。

 

ツーバイフォー材(2×4)→2本

〔長さ〕 床から天井までの高さマイナス3~4cm

※4センチを推奨しているところが多いですが、3センチで切ってもらいました。そのまま使用できるほどピッタリでした。

 

僕は一つ目の棚はマイナス4センチで切って設置してみました。

 

しかし、ディアウォールに調整板を入れてで調整しなければならなかったので、二つ目の棚以降マイナス3センチにした結果、

 

ほとんど調整せずに設置できたので是非マイナス3センチから試してみてくださいね。

 

ダボレール  2本

※棚をつけない場所にダボレールは必要ないですよ!

 

下のリンクに飛ぶと、

90cm、120cm、150cm、182cmなど、色々な長さが選択できますので探してみてくださいね!

 

 

ディアウォール  2パッケージ

ツーバイフォー材(2×4)で作るので、それ専用のものを購入してください。

※ワンバイフォー材(1×4)もあるので間違えて買わないように注意してください!

 

2つで1つのパッケージになっているので、2本分(2パッケージ)。

f:id:marucomex:20170518143039j:plain

 

棚板と金具

棚板は設置する横幅をメジャーで測ってじっくり決めたほうがいいと思います。長すぎても短すぎても困りますので…。

 

今回使用した板の厚みは12ミリです。

 

ホームセンターにおいてある棚板の中では最も薄いものでした。強度に不安はありましたが、靴をのせても大丈夫!と店員さんからすすめられ購入しました。

 

今のところ全く問題無いです。あえて薄い板を選んだ理由は、ダボレールにかかる負担をなるべく減らしたかったからです。

 

しかし、色々なベテランの方々の作品を拝見すると、結構厚めの板をガンガン使ってさらに上に物をのせています。

 

15ミリや18ミリ、それ以上の厚みでも問題ないと思います。※極端に重いものは注意が必要です。

 

ネジ

ネジを購入する際には注意が必要です。太さや長さが様々で、棚板に打ち込むネジは長すぎると板が割れる原因になります。

 

ホームセンターで購入する際には、ダボレールと板を店員さんに実際にみてもらって選んでもらうと無難でしょう。僕はそうしました!

 

棚板に使用するネジは、棚板と同じ長さのもので問題ないです。金具の部分が数ミリあるので突き破ることはありませんでした。

今回は棚板12ミリ、ネジも12ミリです。

 

ネットで購入する際には、セットになっているものがわかりやすいです。

僕は今回ホームセンターで購入しましたが、ロイヤルの同じものがネットにも販売されています。

 

 

【塗料】色を変えたい場合

今回はおもちゃ棚は木材をそのまま使用し、洗面所と靴箱は色を塗りました。洗面所と靴箱は、湿気やカビが心配だったので、防虫・防カビも兼ねて塗料を塗ることにしました。

ちなみに今回使用した色は『オリーブ』です!

 

f:id:marucomex:20170518135336j:plain

 

【写真付】ツーバイフォー×ディアウォール×ダボレールで可動棚|作り方と注意点

実際に作った順序と注意点を写真をつけながら解説してきます。

ごちゃごちゃ書いてもわかりにくいのでザックリと!

 

0.色を塗りたい場合は先に全て塗っておきましょう!

表面の汚れは、サンドペーパーで落としてから塗装したほうがいいですよ!

f:id:marucomex:20170518135919j:plain

f:id:marucomex:20170518140117j:plain

 

1.ツーバイフォーにダボレールをネジ打ちする。

 

f:id:marucomex:20170518135008j:plain

打つ前に2本が同じ高さになるようにしっかり測ってからすることをオススメします!ズレると斜めになってモヤモヤが待ってます…。

2.ディアウォールをツーバイフォー材に装着して床と天井に突っ張るように立てる。

上にバネ入りのディアウォールを装着して、棒全体を押し上げるように設置します。

3.ちょうど良い幅になったら、レールの穴からレールの穴までを測って棚板に金具をつける。

f:id:marucomex:20170518135211j:plain

この長さはとにかくシビアに測ってください!

穴にはめ込む時にはまらなくなってしまいます…ぼくはこれで何回かネジを打ち直しました…板が割れなくてよかったです…。

4.好きな高さに棚をはめこんでできあがり!!

f:id:marucomex:20170518135439j:plain

f:id:marucomex:20170518135510j:plain

手順だけでいうとすごい簡単です!まさか自分に作れちゃうなんて!というのが正直な感想でした。これからどんどん楽しくなっていきそうです。

材料調達【番外編】ツーバイフォー材を電動工具で自分で切る

今回僕はホームセンターで木材を全て調達。1カット30円で正確にカットしてもらえるので、頼んだほうが早いので一つ目の棚はツーバイフォー材も棚板も全てカットしてもらいました。

 

二つ目以降の棚を作るために材料調達に行った時、ホームセンターの木材販売所がものすごく混んでおり、待てど暮らせど順番が回ってこない…。

 

待ち時間に友人に電話して電動工具が貸してもらえることになったので、自分で切ってみよう!ということでチャレンジしてみました。

 

使ったのはマキタ(makita)のジグソーという電動工具。切る速さも調節できる上に力もいらないので、初心者の僕にはとっても使いやすかったです!

f:id:marucomex:20170518140021j:plain

これからはそのまま購入してきて自分で切って作ります。そのほうが微調整もきくので。

 

 

これを機に、DIYハマりそうです。笑

もっとオシャレで落ち着く家にしたいなあ、と思う今日この頃。

 

 

                       f:id:marucomex:20180626122024p:plain